ジャガイモンプロジェクト公式ホームページ
 ホーム > ジャガイモンプロジェクト特別出張 > iDOL Street 「ストリーーーーーーグ3」札幌HOME戦 参加レポート

      
   

2014年11月30日 は、ジャガイモン 通算3度目の 特別出張 として、自分と ジャガイモン とで札幌へ。

札幌で開催された フィラデルフィアクリームチーズpresents iDOL Street 全国ストリート生ステージバトル「ストリーーーーーーグ3」 に参加してきました。

こちらではその参加レポートを紹介します。



ストリーーーーーーグ3 とは、iDOL Street の、

   サッポロSnow♡Loveits
   SENDAI Twinkle☆moon
   TOKYO TORiTSU これで委員会
   NAGOYA Chubu
   大阪 DAIZY7
   FUKUOKA はかたみにょん★

のストリート生6チームが、東西3チームずつでホーム&アウェイでのリーグ戦を開催。
その後、決勝トーナメントを行なって優勝チームを決定するというもの。


この日は、札幌で サッポロSnow♡LoveitsSENDAI Twinkle☆moon との対戦が行なわれました。


サッポロSnow♡Loveits と言えば、今年7月5日に士幌町で開催された 第34回 しほろっち夏祭り花火大会 に、
avex × ジャガイモンプロジェクト presents」 として参加していただいたグループです。

当日はグループ史上過去最長という45分のステージに対し、北海道内に限らず道外からもたくさんのファンの方が駆けつけてくださいました。


第34回 しほろっち夏祭り花火大会の様子はコチラから


また、ファンの方の中には ジャガイモン 初の 特別出張 となった、今年3月に夕張で開催された ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 に参加されていた方も一部いらっしゃり、中には 夕張士幌 、そして今回の 札幌 と3度お会いできた方もいました。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の様子はコチラから


今年最後の 特別出張

フィラデルフィアクリームチーズpresents iDOL Street 全国ストリート生ステージバトル「ストリーーーーーーグ3」 への参加レポートをお届けします。


11月30日、早朝に士幌を出発し、「ストリーーーーーーグ3」 の会場、札幌Link"s HALL に到着したのが9時すぎ。

ジャガイモン と到着した時には、会場周辺にはまだ誰もいませんでした。

  

当初の自分の中での予定より早く着いてしまいました・・・。


それでも、おかげで (!?)、サッポロSnow♡LoveitsSENDAI Twinkle☆moon の両グループが会場入りするところに遭遇。

サッポロSnow♡Loveits のメンバーとマネージャーさんには朝から挨拶をさせていただくことができました。



更に、会場到着をツイッターでつぶやいたところ、SUPER☆GiLS の 浅川梨奈さん から自分宛にご連絡をいただきました。

浅川さん とは、初の 特別出張 となった 夕張での映画祭からのお付き合いをさせていただいていますが、以来 ジャガイモン とは本当に仲が良く、いつも気にかけてくださいます。

これも1つの御縁。

本当にありがたいことです。



会場周辺にファンの方が集まり出したのは10時半頃。


前日には同じ ストリーーーーーーグ3 の、サッポロSnow♡LoveitsTOKYO TORiTSU これで委員会 が同時刻で開催されていたため、すでに前日には北海道外から札幌入りされていた方もたくさんいらっしゃったようです。

また、自分と同じく十勝から今回のイベントに駆けつけた方もいらっしゃいました。

そしてこの時点ですでに、夕張や士幌で以前にお会いしてる方ともたくさん再会することができました。

更に初めてお会いした方にも多く声をかけていただきました。

11時過ぎには建物の中で物販がスタート。

今回の物販は会計額に応じて、1000円で握手券、2000円で写メ券、3000円でチェキ券をもらえるということで、自分はひとまず6000円分購入し、各券を1枚ずついただきました。

やっぱりせっかく行ったんですから、何でも自分で体験、経験してみないと話もできませんからね。


また、建物への入場直後には事前の予約番号を伝えて入場券と引き換え。

更に1ステージ1ドリンク分の料金を先に支払うという手続き。

色々な無駄が省かれる上に本人確認もしっかりできる、とてもいいシステムですね。

札幌Link'S HALL は、物販などを行なったり待機などができるスペースと、扉を挟んでステージなどのある会場との2つの建物でできています。

この日の 1部 のステージの開場時間が12時30分ということで、それまでの時間、ファンのみなさんと色々とお話をさせていただいたり、ミニジャガイモン と一緒に写真を撮っていただいたりと、ここですでにとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

更に、ジャガイモン のツイッターなどで普段から交流をさせていただいている方で、実際にまだ直接お会いしたことのなかった方とも多くお会いすることができました。

これもとても嬉しいことでした。


そして、自分や ジャガイモン に対して、お土産を持ってきてくださる方までいらっしゃいました。

本当にありがたいかぎりです。

  

またこの間、士幌でのイベントや、同じ iDOL Street の他グループのイベントなどの話にもなり、実際にファンの方がどういうイベントを期待しているのか希望しているのか。

飛行機などを使って、遠くでのイベントでもどんどん参加される熱心なファンの方の気持ちや、色々な想いを伺うことができました。

これらは ジャガイモンプロジェクト として今後、また サッポロSnow♡Loveitsさんと一緒にお仕事をさせていただける時や、iDOL Street の他のグループと何かをさせていただける時が来るならば、そういう時に十分に参考にさせていただき、生かしていきたいと考えています。


ファンの方が普段様々なイベントに参加する上でどんなことを感じ、どんなことを望んでいるのか。

どんなイベントがファンの方に喜ばれているのか。

実際に様々なイベントはどのように開催され、どのような内容で行なわれているのか。


ただ単に運営側としてイベントを開催、参加するだけでは決して知ることのできない、感じることのできない情報や感覚、そしてたくさんの想いを知り、そして触れることができました。

やはりものの本質を知るためには外や周りから見るだけではなく、その真ん中に飛び込むことこそ大事だと思います。

そういう意味では、今回、この場でたくさんのファンの方とお話をさせていただいただけで、交流をさせたいただいただけでも、本当に行った意味のあった、十分に意義のあった 特別出張 になったと思っています。

  


開場前には整理券の番号順に会場入り口前に整列。

こういう時もお互いに券に書かれたの番号を確認し合って、全く混乱することなく短時間で整列完了。

いつも思うことなのですが、やはり同じ人、グループを応援する人同士、これまでにも色々な会場で何度も顔を合わせていたり話をしたりして仲良くなってらっしゃる方が本当に多く、結果こういう時にもチームワークを感じます。


士幌でのイベント時にも感じましたが、こういう時にファンの方が率先して色々とやって下さる、協力して下さるというのは、運営側にとっても非常にありがたいことですね。

  


1部のステージは13時からスタート。

まずは今回の会場となった 札幌Link's HALL をメインに活動をしている Teamくれれっ娘! がオープニングアクトで登場。

MCを挟んで3曲のパフォーマンスでしたが、この時点ですでにファンのみなさんの一体感と熱気がすごかったです。


自分はステージだけではなく、盛り上がるファンのみなさんの姿を一緒に楽しめるようにと、会場の一番後ろで観戦させていただきましたが、

 「アレ?今日って Teamくれれっ娘! のイベントたったっけ?」 と思うくらいの、本当にすごい盛り上がりでした。



その後、少し間をおいて、、サッポロSnow♡LoveitsSENDAI Twinkle☆moon の両グループがステージに登場。

MCやトークコーナーなども挟みながら、スノラビ が5曲、クルムン が4曲 (で、あってるかな?)

最初から盛り上がりに盛り上がりました。


本当に完成度の高い歌・ダンス。

見れば見るほど引き込まれるパフォーマンス、そして笑顔。

1人1人が本当に一生懸命取り組んでいるのが目に見えて伝わってくる、そして心に響いてくるライブでした。



一段落してからは、このステージへの 投票 が始まります。

まずは、自分の持っている入場券を2チームのいずれかの投票箱に入れます。

更に、この ストリーーーーーーグ3 のスポンサーさんでもある フィラデルフィアクリームチーズ の商品パッケージのロゴを持って行くと スペシャル投票券 と交換してもらえるというシステムになっており、この投票も同時に進みます。

そして、続いては ネット投票 として、DeNAが運営の SHOWROOM でインターネットを通じて生で視聴されている方の投票もありました。



結果は、会場投票、スペシャル投票、ネット投票共に スノラビ に軍配。

リーグ戦ということで、勝敗はどちらかにはっきりとついてはしましますが、スノラビクルムン も、とても素晴らしい、とっても素敵なパフォーマンスでした。


そんな結果を受け、 スノラビ小玉梨々華さん が嬉し涙を流しているのを見て、自分ももらい泣き。

一生懸命努力したうえで結果が出た時、瞳から溢れる涙は本当に美しいですね。

そんな 小玉梨々華さん を周りのメンバーがしっかりと見てあげているところにも、改めてチームワークと絆を感じました。


結果発表後は両グループ全員で、ストリーーーーーーグ3 の公式ソング ハッピー・サークル・ストリート を歌って1部終了。

時間にして約1時間。

本当に色々なものや思いが凝縮されたステージでした。




ステージが終了してからは引き続き準備ができ次第で 交流イベント がスタート。


まずは 握手会 ということで、握手券 1枚につき、どちらかのグループ全員と握手できるとのことで、自分は スノラビ の方へ。

素晴らしいステージをこなした直後の彼女達は、いつも以上に輝いて見えた気がしました。



続いて、写メ会チェキ会 が同時進行でスタート。

こちらは、各券1枚に対して1人と写メ、チェキがそれぞれ撮影してもらえるというもの。


誰のところに行こうかと、1枚ずつの券を握りしめて悩んでいましたが、まずはリーダーということで 工藤夢心さん のところに行かせていただきました。

こういう時って、「誰のところに行くんですか?」 といつもみなさんの注目を浴びてしまいます。
    


1部の交流イベントまで全てが終了したのが15時過ぎだったでしょうか。

2部の開場が16時予定でしたので少し時間がありましたが、この間にマネージャーさんにお気遣いいただき、スノラビメンバーに改めて直接ご挨拶をさせていただきました。

更に、エイベックスさんiDOL Street の全国の統括の方もご紹介いただきました。

お名前はここでは伏せさせていただきますが、大変お世話になりました。ありがとうございました。


またその際、スノラビ の5人には、ジャガイモンファンクラブ の、名誉会員の 会員証 を。

更に クルムン のメンバーの分も含めてみなさんに、ジャガイモン缶バッジ もお土産としてブレゼントさせていただきました。

またこの頃、ファンの方が会場の様子や ミニジャガイモン との写真をツイートしたものを ジャガイモン がリツイート。

すると更にそれを 浅川梨奈さん が拾ってツイッターで拡散してくれていました。

知らないうちにツイッター上でもなんだか色々と盛り上がっていたようです。


浅川さん には重ね重ね感謝です。
その後の 2部 も、16時頃には1部と同様にファンのみなさんが整然と並び、スムーズに会場内へ。

16時30分からの2回目のステージも、オープニングアクトの くれれっ娘 の3曲に始まり、MCやトークコーナーなども挟みながら、スノラビ が4曲、クルムン が5曲 (で、あってるかな?)

1部の時以上に盛り上がっていた気がします。


あ、MCの途中でジャガイモの話になり、ファンの方が誰からともなく、「ジャガイモン!!」 と声が上がった時にはあまりに突然のことに素早く反応できませんでしたが・・・w



会場は、両グループのパフォーマンスの素晴らしさも当然目を引きますが、やはり今回もファンのみなさんの温かさ、熱心さ、そして一体感が伝わってくるものでした。


振りかざすサイリウム、突き上げる拳、リズムを取る手拍子、振られる手のひら。

1つ1つが、ただ流れのままに行なわれる、動くのではなく、その1つ1つ、1回1回に想いが込められ、そして愛が溢れていると感じました。


ファンのみなさんとステージ上のみんなが、お互いがお互いを元気にし、お互いがパワーを送り合い、そしてお互いが支え合っている。

そんな雰囲気に包まれたとても素晴らしい場に自分もいられること、この瞬間を感じられることが本当に幸せでした。



2部の 投票 も1部と同様に進み、会場投票、スペシャル投票、ネット投票共に、こちらも1部と同様に スノラビ の完勝

それでもやはりそこには、勝敗を超えた両グループの笑顔やパフォーマンスがありました。

2部の 交流会 では、自分は チェキ券 を1枚持っていたので、今度は 小玉梨々華さん のところへ行きました。


2度目も誰のところに行こうか、かなり悩みました。

が、そこには贔屓や優先度があるわけではないですよ!

ということを一応ここをご覧のみなさんにお伝えしておきます。


いや〜、りりぃちゃんの笑顔、かわいかったなぁ。



会場からの入退場時や交流イベント中には、後方に設置された機材なども色々と見せていただきました。

また、交流イベント中にはスタッフの方の動きや対応、進行の仕方なども含めて、イベントを企画開催する者としての目線でじっくりと拝見させていただきました。


やはり普段からこのようなイベントを開催し、そしてさばいているスタッフの方のそれは、全てが勉強になります。


今後の自分の活動にも絶対に生かしていきたいと思います。
2度目の交流会は、イベント終了後にその足で新千歳空港までバスで移動し、そのまま飛行機に乗って本州に帰られるということで、終了を待たずに会場を後にされた方も多かったようです。


でもそのファンのみなさんは会場を後にする際、ほとんどの方がお互いがお互いに、

  「次は○○で会おう!」
  「お疲れさま〜」
  「気を付けて帰ってね」

と、声を掛け合っていました。


こんなところにもファンのみなさんの仲の良さ、チームワーク、そして優しさを感じました。


そして、自分にもたくさんの方が声をかけていってくださいました。

本当に嬉しかったです。



外はすでに真っ暗。

たくさんの感動や興奮、そして思い出を胸に、自分も名残り惜しく会場を後にしました。

    

今回の 特別出張

本当にたくさんの方とお話をすることができました。

そしてたくさんの感動の再会や出会いがありました。


1ファンとしては初めて スノラビ のイベントに参加した自分ではありましたが、そんな自分を本当に温かく迎えていただき、色々とお気遣いまでいただきました。

それどころか、7月に士幌で スノラビ のイベントを開催したことに対してのお礼まで伝えてくださる方もいらっしゃいました。

お礼を伝えなければならないのはこちらの方なのに。


更には会場を後にしてからもツイッターなどを通じ、自分やジャガイモンに対してご連絡をいただいた方もたくさんいらっしゃいました。

その1つ1つがとても温かく、本当に感動しました。




今回で通算3度目となった 特別出張

本当にたくさんの御縁に恵まれ、人に恵まれ、そして気持ちに恵まれました。

感謝しても感謝してもしきれないほど、たくさんの幸せをいただきました。


ご一緒させていただいたファンのみなさんの温かさが心にしみる1日でした。



今回は初めての参戦ということで会場後方で、盛り上がるみなさんを含めての景色、ステージを楽しませていただきましたが、次回に参戦できる時には、受け入れていただけるものであればライブ中も更にみなさんの輪の中に飛び込ませていただければと思っています。

だって1人1人全ての方が本当に楽しそうでしたから!

後ろから見ていて、このタイミングでこうするんだとか、こういう時にはこういうリズムなんだとか、自分なりに結構覚えましたよ!

次回、みなさんと再会させていただける日が今から楽しみで仕方ないです!


その時、自分が主催側にいるのか、それともみなさんと同じ側にいるのか、まだそれはわかりません。

ですが、そのどちらであっても、その時は絶対にまたみなさんと一緒に盛り上がり、そして楽しみたいと思っています。




今回お会いしたファンのみなさん、サッポロSnow♡Loveits 、SENDAI Twinkle☆moon のメンバーのみなさん、そしてスタッフのみなさん、

心から、本当にありがとうございました。



ジャガイモンプロジェクトでは今後も、スノラビをはじめ、iDOL Street のみなさんを応援させていただきます!

そしていつか必ず、また一緒にお仕事をさせていただけるよう、これからも色々と模索していきたいと思っていすます。


アイスト最高っ!


2014年11月30日

ジャガイモンプロジェクト代表・川崎康



iDOL Street オフィシャルサイト

サッポロSnow♡Loveits のみなさんのブログでの当日の記事

工藤夢心 さん

吉本ほのか さん

横山奈央 さん

木戸口桜子 さん

小玉梨々華 さん
4連勝!

あと2日は・・・♪

最後のホーム戦☆

ホーム無敗説♪(*´-`)

4連勝((o(。>ω<。)o))


木戸口 さん 、小玉 さん のブログには、自分とジャガイモンの名前も登場しています。ありがとうございます。


 
・ サイトマップ   ・ よくある質問   ・ プライバシーポリシー   ・ リンクを設置していただける方へ   ・ お問い合わせ


 (事務局)
  〒080-1215 北海道河東郡士幌町仲通2


Copyright (C) 2011 ジャガイモンプロジェクト. All Rights Reserved.